2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30(NHK取材班編) | トップページ | ムバラク氏が辞任、軍が全権掌握 »

2011年2月12日 (土)

井岡がTKO勝ち、国内最短記録で世界王者

 世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は11日、神戸ワールド記念ホールで行われ、挑戦者で同級10位の井岡一翔(井岡)がチャンピオンのオーレドン・シッサマーチャイ(タイ)に5回1分7秒TKO勝ちし、世界初挑戦で王座獲得に成功した。プロ7戦目での世界タイトル奪取は、辰吉丈一郎、名城信男の8戦目を上回る国内最短記録。オーレドンはプロ初黒星を喫し、7度目の防衛に失敗した。

 相手に主導権を与えず攻め続けた井岡は、2回に左フックでダウンを奪うと、5回に左ボディーブローで仕留めた。

 井岡の戦績は7戦7勝(5KO)、オーレドンは41戦39勝(14KO)1敗1分け。日本のジムに所属する男子の世界王者は最多タイの7人に並んだ。(産経ニュース2011.2.11)

                         ◇

いおか・かずと 大阪・興国高時代に、ライトフライ級で史上3人目の高校6冠を達成。卒業後は東農大に進学したが、北京五輪出場が断たれたことを理由に中退し、平成21年4月にプロデビュー。昨年10月、瀬川正義(横浜光)を10回1分57秒TKOで破り、日本タイトルを獲得した。おじで所属ジム会長の井岡弘樹氏は、元世界2階級王者。スピードとコンビネーションにたけた右ボクサーファイター。戦績は7戦7勝(5KO)。大阪府堺市出身。21歳。

============================

 完璧な試合展開であった。

 しかし強い、努力も凄いがセンスが光る。

Mrt11021118340001n1

« 松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30(NHK取材班編) | トップページ | ムバラク氏が辞任、軍が全権掌握 »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井岡がTKO勝ち、国内最短記録で世界王者:

« 松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30(NHK取材班編) | トップページ | ムバラク氏が辞任、軍が全権掌握 »