2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 後悔について | トップページ | ドラマSP黄昏流星群〜C−46星雲〜「弘兼憲史作×飛鳥涼30年の愛…恋を再び」 »

2011年2月20日 (日)

生活保護:不正受給1万9700件 09年度、過去最多に

 生活保護の不正受給と認定された件数が09年度、全国で約1万9700件と過去最多になる見込みであることが厚生労働省や自治体などの調べでわかった。長引く不況の影響が背景にあるが、不正の内容は、多くの自治体で、収入の無申告とみられる。09年度の生活保護費の国と地方の負担分の総計は過去最高の3兆72億円に達する。厚労省は自治体と協議のうえ、受給者への就労支援強化や不正受給対策を柱とした生活保護法改正案の今国会への提出を目指す。

 不正受給件数は99年度の4665件から毎年増え続け、04年度に1万件を突破。金額も99年度は約33億円だったが08年度には106億円に達し、09年度も100億円を超えそうだ。09年度の件数は大阪市が全国の1割以上の2012件(11億5300万円)を占める。

 受給者は報酬や年金などの収入があれば申告しなければならず、収入に見合った金額が受給費から差し引かれる。無申告は、受給者が認識していない場合もあるが、故意にしないケースも少なくないという。20人に1人が受給者の大阪市は「受給者数の急増で対策が追いつかない」という。

 大阪市でケースワーカー経験がある松崎喜良・神戸女子大教授は「不正受給はケースワーカーが綿密に対応すれば相当減らせるが、現場に余裕はない。働いて得た報酬分を保護費から差し引かない仕組みは就労の動機づけにはなるが、高齢や持病で働けない人もいる。社会参加や就労支援をどう具体的に進めるか。『最低限度の生活』とは何かを国民的に議論することが必要だ」と指摘する。

 厚労省は近く、国と地方の検討会を設置。(1)働いて得た収入分の保護費を差し引かず、自立資金として保管できる(2)社会活動への参加に自治体が指示・指導できる--仕組みが可能かなどを検討。自治体の調査・監督権限の強化も検討する。

[生活保護とは]

 憲法に定める「最低限度の生活」を保障するための制度。生活、医療など8種の扶助があり、各基準額の合計(最低生活費)に満たない収入(働いて得た報酬や年金など)との差が保護費になる。国が4分の3、自治体が4分の1を負担する。中心となる食費などの生活扶助基準は「33歳、29歳、4歳」の3人世帯で東京23区で月額17万5170円。

(毎日新聞2011.2.19)

============================

 日本人の堕落性が顕著になってきた。

 社会主義国ではない自由主義国家なんだから働け

 本当に事情があって働けない人に支給しろ

« 後悔について | トップページ | ドラマSP黄昏流星群〜C−46星雲〜「弘兼憲史作×飛鳥涼30年の愛…恋を再び」 »

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護:不正受給1万9700件 09年度、過去最多に:

« 後悔について | トップページ | ドラマSP黄昏流星群〜C−46星雲〜「弘兼憲史作×飛鳥涼30年の愛…恋を再び」 »