2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 税理士報酬、返還認めず=国税OBらへの3億円―東京地裁 | トップページ | 小向容疑者、逮捕確実でも起訴は不透明 カギは“客観的証拠”の有無 »

2011年2月25日 (金)

中小返済猶予86万件で28兆円 実行率96%、円滑化法施行1年

 金融庁は25日、借入金の返済猶予を促す「中小企業金融円滑化法」に基づき、国内銀行145行が法施行日の2009年12月4日から10年12月31日までに行った貸付条件の変更などの件数(速報値)を発表した。

 中小企業の条件変更の申し込みは86万6495件、融資額では28兆6414億円に達した。これに対し、銀行が返済猶予などの条件変更に応じたのは、75万8818件、25兆6796億円分で、審査中などを除いた実行率は96・9%に上った。

 住宅ローン利用者の条件変更は、申し込みが9万8870件、1兆5508億円に対し、実行は90・9%に当たる7万1990件、1兆1373億円分となった。

(産経ニュース2011.2.25)

============================

 3月年度末~6月賞与支給時が勝負だな・・・

http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20110225-6.html

« 税理士報酬、返還認めず=国税OBらへの3億円―東京地裁 | トップページ | 小向容疑者、逮捕確実でも起訴は不透明 カギは“客観的証拠”の有無 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 税理士報酬、返還認めず=国税OBらへの3億円―東京地裁 | トップページ | 小向容疑者、逮捕確実でも起訴は不透明 カギは“客観的証拠”の有無 »