2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『組織の力を取り戻す』 佐伯啓思(京都大学大学院教授) | トップページ | 【主張】外国人違法献金 前原外相の責任は重大だ »

2011年3月 5日 (土)

東北新幹線「はやぶさ」デビュー ファン転落のアクシデントも

  東北新幹線の最新鋭車両E5系「はやぶさ」が5日、営業運転を開始した。JR東日本が新幹線に新車両を導入するのは14年ぶり。新幹線版ファーストクラス”といわれる特別座席「グランクラス」を備え、新青森-東京間を毎日2往復、仙台-東京間を1往復する。

 はやぶさは振動や騒音を低減させるため、先頭車両のノーズ部分が低くとがっているのが特徴。最高時速は山陽新幹線N700系と並ぶ国内最高の300キロで、東京-新青森間が3時間10分で結ばれ、平成24年度末までに時速320キロまで引き上げられる計画。

 本革製シートに弁当や飲み物の提供が受けられる「グランクラス」は先頭車両に18席のみに設置。人気が殺到し、前売り開始と同時に初日分は約20秒で売り切れた。

 この日は新青森駅や東京駅でオープニングイベントを開催。東京駅では大塚陸毅・JR東会長ら関係者がくす玉を割るなどして門出を祝った。

 午前8時12分に東京発の下り1番列車が到着すると、ホームに詰めかけた鉄道ファンらが一斉にカメラのシャッターを切った。出発前にホーム上から60代の男性が線路に転落するアクシデントもあったが、けがなどはなく、7分遅れの同19分に出発した。

 仙台から到着した上り1番列車の「はやぶさ2号」グランクラスに乗車した和歌山県田辺市の公務員、荒原貴浩さん(36)は「すごく広くて乗り心地が良かった。次は青森まで乗りたい」と笑顔で話した。(産経ニュース2011.3.5)

Trd11030509350011p4

« 『組織の力を取り戻す』 佐伯啓思(京都大学大学院教授) | トップページ | 【主張】外国人違法献金 前原外相の責任は重大だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北新幹線「はやぶさ」デビュー ファン転落のアクシデントも:

« 『組織の力を取り戻す』 佐伯啓思(京都大学大学院教授) | トップページ | 【主張】外国人違法献金 前原外相の責任は重大だ »