2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年もパが78勝57敗9分けと圧倒 交流戦 | トップページ | 【ウィンブルドン】40歳クルム伊達、15年ぶり勝利2回戦へ »

2011年6月22日 (水)

【全米オープン】石川遼、初の60台で30位、マキロイが大会新記録でV

 男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は19日、米メリーランド州ベセスダのコングレッショナルCC(7574ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、48位でスタートした石川遼は前半を3バーディー、1ボギーで折り返すと、後半は3バーディー、2ボギーで回り、今大会初の60台となる68をマークし、通算2オーバーの30位で終えた。

 57位で出た久保谷健一は9番から4連続ボギーなど7ボギー、1バーディーと崩れ、通算13オーバーの68位だった。

 首位でスタートしたロリー・マキロイ(英国)は4バーディー、2ボギーの69でラウンドし、2位に8打差の通算16アンダーでメジャーを初優勝した。22歳での制覇はタイガー・ウッズ(米国)が21歳でマスターズ・トーナメントを制したのに次いで若年優勝となる。また2000年大会でウッズが記録した12アンダーの最少スコアも更新した。

 通算8アンダーの2位にはジェイソン・デイ(豪州)、2打差の3位にY・E・ヤン(韓国)、リー・ウェストウッド(英国)、ケビン・チャッペル、ロバート・ガリガス(ともに米国)がつけた。

 3パット2回とパッティングの不調で4ボギー(1バーディー)と崩れた前日。最終日に「最後まで諦めず、できるだけスコアを伸ばしたい」と巻き返しを期していた石川がその言葉を実践してみせた。

 序盤の2番、233ヤードと長いパー3でボギーをたたき、ボギーを先行させてしまった。だが、この日は踏ん張った。4番(パー4)では約6メートルのパットを沈めてバーディー。キャディーとグータッチして喜んだ。続く5番(パー4)では第2打をピン1・5メートルに寄せて、連続バーディー。8番(パー4)では4メートルを決めてバーディーを奪った。

 後半スタートの10番(パー3)をボギーに。その後3ホールをパーで通過すると、3番目に難しい14番(パー4)ではピン1メートルに付けてバーディーを取り返した。前日ボギーとした15番(パー4)では6メートルと長めのパットを沈めて、またも連続バーディー。前日、テレビ解説の羽川豊さんが「パットのストロークは柔らかく、うまく打てている」と評した復調ぶりがこの日に出てきた。17番(パー4)でも2メートルに付けて、バーディーとし1オーバーまで戻した。

 ところが、最後に落とし穴が待っていた。523ヤードでパー4の名物ホールの18番ではフェアウエーからの第2打を大きく右に曲げるミス。グリーン右ラフの斜面からの第3打を寄せきれず、長いパーパットを2・5メートルショートした。ダブルボギーの可能性もあったが、ボギーで納め、小さく右手でガッツポーズした。

 「18番だけが悔しい。それまでの17ホールはいいプレーができた」と残念がった石川だが、「最終日に60台でプレーできて、3日目のリベンジを果たせたと思うのでよかった」と6バーディーに手応えをつかんでいた。テレビリポーターを務めた青木功さんはこの日のプレーぶりに復調の気配を感じ取り「予選を通ったことで秋口にはいいゴルフをしているよ。ちょうど吹っ切れて一番いい方向に向かう時期だよ。絶対そう思う」と期待した。

(産経ニュース2011.6.20)

============================

 記録ずくめの優勝だった。

 それにしてもスゲー奴が出てきたもんだ。

Glf11062009000004p7

« 今年もパが78勝57敗9分けと圧倒 交流戦 | トップページ | 【ウィンブルドン】40歳クルム伊達、15年ぶり勝利2回戦へ »

Golf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年もパが78勝57敗9分けと圧倒 交流戦 | トップページ | 【ウィンブルドン】40歳クルム伊達、15年ぶり勝利2回戦へ »