2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 神楽坂祭り | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC西) »

2011年7月24日 (日)

マイクロソフトで学んだこと、マイクロソフトだからできること(樋口泰行)

内容紹介

米国発グローバルカンパニーである日本マイクロソフトの経営から、
日本発グローバルカンパニーを目指す企業にとって、
学ぶべきことが多く見えてくるだろう――。 
             ファーストリテイリング会長兼社長 柳井 正

なぜマイクロソフトは世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社として
成長を続けているのか。
また樋口社長が、どのようにして日本法人の経営を変革してきたのか。
これからのコンピューティングの世界はどのように進化していくのか。

3社目の「社長業」に挑戦している著者が、マイクロソフトでの、
これまで4年間の歩みとコンピューティングがもたらす未来について語る
初めての本。
著者は、ウィンドウズ7の市場普及やクラウドコンピューティングの展開を
はじめとするプロジェクトで、社員のモチベーションを高め、日本の顧客や
パートナー企業の懐に入り込むリーダーシップを発揮している。
日本のITインフラを世界標準並みに整備して、その上で顧客それぞれが
日本企業らしい独自の戦略を構築できるようにする。マイクロソフトの力を
活かして日本という国の役に立ちたい、日本のこれからの発展に貢献していきたい。
そのような思いで、マイクロソフトを日本の会社として根づかせている取り組み
から、プロ経営者がもつべき志と仕事力が学べる。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜマイクロソフトが世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社として成長を続けてきたのか。また私自身が、どのようにして日本法人の経営を変革してきたのか。これからコンピューティングの世界はどのように進化していくのか…。

51hq6win6jl__sl500_aa300_

« 神楽坂祭り | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC西) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 神楽坂祭り | トップページ | 今年27回目のラウンド(藤岡GC西) »