2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 国柄探訪:江戸の子育てに学ぶ~幕末に来日した欧米人は、江戸の子育てに眼を見張った~ | トップページ | 【全米女子OPゴルフ】逆転で栄冠つかんだ韓国ユ・ソヨン 日本が送り出したメジャー優勝者 »

2011年7月15日 (金)

『どん底から復活する』

1.リーマン・ショックから2年半、回復基調にあった日本経済は、未曾有の大災害で計り知れないダメージを受けた。だが、敗戦の焦土の中から世界史に類を見ない高度成長を
遂げた日本人に、乗り越えられない壁はないはずだ。その突破口になるのは、かって松下幸之助氏や本田宗一郎氏が見せた強力なオーナー魂である。明治維新も敗戦後も、そしてあの阪神・淡路大震災の時も、いつも世を再び照らしたのは、一人の経営者の活力だった。

2.阪神・淡路大震災と東日本大震災の大きな違いは、16年前の震災を乗り越えたという歴然たる事実と、復興への揺るぎない自信を国民が共有していることだ。同じような経験をした人がいる。自分たちの気持ちを心底理解してくれる人がいる。どん底の状態から復活した人がいる。そのことは、東日本大震災の被災者にとって大きな励みになる。

3.企業経営では、今後の復興に生かすには次の3点が重要だ。

(1)慌てない

 業績が落ち込んでも慌ててはいけない、これから起こり得ることを予測し、一つひとつ落ち着いて策を講じれば必ず希望の光が見える。

(2)変化を見極める

 今回は原発事故も重なった。アジアへの生産移転や在宅勤務のような働き方に拍車がかかることも考えられる。

(3)気を緩めない

 阪神・淡路大震災では、半年後に被災地外の倒産が多発した。

(参考:「日経トップリーダー」2011年4月号)

« 国柄探訪:江戸の子育てに学ぶ~幕末に来日した欧米人は、江戸の子育てに眼を見張った~ | トップページ | 【全米女子OPゴルフ】逆転で栄冠つかんだ韓国ユ・ソヨン 日本が送り出したメジャー優勝者 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『どん底から復活する』:

« 国柄探訪:江戸の子育てに学ぶ~幕末に来日した欧米人は、江戸の子育てに眼を見張った~ | トップページ | 【全米女子OPゴルフ】逆転で栄冠つかんだ韓国ユ・ソヨン 日本が送り出したメジャー優勝者 »