2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 藤岡GCの担々麺 | トップページ | すばらしいアイス »

2011年8月30日 (火)

【世界陸上】圧倒的な強さで「金」 室伏

 

ただ1人、異次元で戦っていた。6投中4投で80メートルラインをオーバー。残る2投も79メートル台をそろえた。「安定した投てきだったと思う」。ほかに80メートルを超えたのはパルシュの一投だけ。欧州勢が“壁”に苦しむ中での横綱相撲は際立った。

 1投目で79メートル72と今季自己最高を更新し80メートルラインをかすめると止まらなかった。2投目で80メートルを超え、3、5投目でこの日最長の81メートル24をマーク。表彰台には両手を突き上げて登壇、日の丸を見つめながら君が代を聞き、喜びをかみしめた。

 

 それもそのはず。2004年アテネ五輪の金メダルは上位選手の失格によるもの。表彰台では受け取れなかった。「友人と、今度は表彰台でもらえるんじゃないか、と話していました」。冗談半分で夢見た光景を、自らの力で現実にした。

 

 練習は独自に編み出したものだ。赤ちゃんの動きを参考に運動能力の基本となる体幹を鍛錬。投げる際の感覚を磨き上げるため投網やうちわを投げるという工夫も。靴底は薄いかまぼこ状で、美しい回転の持ち主しか履きこなせない。日頃の積み重ねが安定した回転軸を生み出している。

 

 最終目標は37歳で迎える来夏のロンドン五輪。この優勝で五輪代表にも決まった。世界選手権に体調を合わせたように、来夏に肉体のピークを作り上げる方法は心得ている。「まだ最高の軌道にはなっていない」。1年後、会心の放物線を英国の空に描き切る。

(産経ニュース2011.8.29)

============================

 この方はなにか違う。

 アジア人で欧米の力持ち達をぶち抜いてしまう。

 圧巻であった。

Oth11082922270018n5

« 藤岡GCの担々麺 | トップページ | すばらしいアイス »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【世界陸上】圧倒的な強さで「金」 室伏:

« 藤岡GCの担々麺 | トップページ | すばらしいアイス »