2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年32回目のラウンド(長南PC) | トップページ | 【プロ野球】ソ1-2楽 田中が2戦連続完投勝利 »

2011年8月20日 (土)

【甲子園決勝】日大三、猛打で10年ぶり優勝

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で連日熱戦を繰り広げた第93回全国高校野球選手権大会は20日、決勝が行われ、西東京代表の日大三が11-0で青森代表の光星学院を下し、2001年以来、10年ぶり2度目の全国制覇を果たした。東京勢の優勝は斎藤佑樹(現日本ハム)を擁した06年の早実以来、5年ぶり。

 東日本大震災の被災地から出場した光星学院は準優勝。東北勢は6度目の決勝進出で、またも悲願の初優勝はならなかった。

 試合は満員の観衆4万7千人が見守る中、午前9時31分スタート。節電対策のため、史上初めて午前の決勝開始となった。

 光星学院は秋田、日大三は吉永と、いずれも背番号1をつけたエースが先発。日大三は三回、5番高山のバックスクリーンに入る3点本塁打で先制。その後も着実に追加点を挙げ、1回戦から6試合連続で2ケタ安打と、打線の破壊力を見せつけた。投げては吉永が5安打完封した。

 投打のバランスがよく、春夏通じて初の決勝に進んだ光星学院だったが、最後は力負けした。

 今大会は東日本大震災を受け、春の選抜大会に続いて「がんばろう!日本」をスローガンに開催された。(産経ニュース2011.8.20)

============================

 とてもすばらしい大会だった。

 それにしても日大三高の強さはダントツだったよ。

Bbl11082013270012p2

« 今年32回目のラウンド(長南PC) | トップページ | 【プロ野球】ソ1-2楽 田中が2戦連続完投勝利 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【甲子園決勝】日大三、猛打で10年ぶり優勝:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/08/21 09:17) [ケノーベル エージェント]
西宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 今年32回目のラウンド(長南PC) | トップページ | 【プロ野球】ソ1-2楽 田中が2戦連続完投勝利 »