2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 起き上がれこけし(雄勝) | トップページ | 青い瞳のステラ、1962年夏・・・(柳ジョージ&レイニーウッド)1980年/昭和55年 »

2011年10月15日 (土)

柳ジョージさん急死…持病の糖尿病悪化

 

「雨に泣いてる…」「FENCEの向こうのアメリカ」などのヒットで知られるロック歌手、柳ジョージさんが病気のため12日に死去していたことが13日、分かった。63歳だった。ブルース調の独特のしゃがれた歌声で幅広い世代を魅了。伝説のグループ「柳ジョージ&レイニーウッド」を率いて一世を風靡し、俳優、高倉健(80)ら芸能界にもファンが多かった

 ♪Weeping in the rain… 

 代表曲「雨に泣いてる…」の哀愁を帯びた男くさい歌声が印象的だった柳さん。あの魅力のオンリーワンボイスは、もうライブでは聴けない。 

 関係者によると、柳さんは持病の糖尿病が悪化し、数年前から腹水のたまる病気で入退院を繰り返してきた。数週間前から集中治療室(ICU)に入って治療を受けていたが、12日に容体が急変。夫人に看取られ、天国に旅立ったという。 

 13日に密葬で葬儀・告別式が営まれ、14日に遺族が死因などの詳細を発表する予定。4月13日に行われたFMヨコハマ主催のライブイベント出演が、最後の仕事だったという。 

 親しいアーティストの1人は「柳さんは昔からお酒が好きで、肝臓や膵臓が弱っていた。数年前会ったときは痩せていて心配していたんです…」と肩を落とした。

6年前、サンケイスポーツのインタビューで柳さんは「昔のようにガンガン飲まなくなり、ウイスキーよりももっぱら芋焼酎。ただ、今でも晩酌はしないと気が済まない。スタッフから怒られるんですけど」と健康に気を遣うようになったことを明かし、「体が続く限り、生涯現役でやれたら幸せかな」と話していたが…。

 柳さんは1975年にロックバンド「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、77年に「祭ばやしが聞こえる」で脚光を浴びた。78年、セカンドアルバム「WEEPING IN THE RAIN」のアルバムタイトル曲が、萩原健一(61)の主演ドラマ「死人狩り」のテーマ曲に。同曲の英語詞を日本語詞に変えてシングルカットした「雨に泣いてる…」がヒットして、大人のロックバンドとして人気を博した。

 その後はソロとして活躍し、フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」など数々の音楽番組にも出演。高倉健が90年ごろ、柳さんのディナーショーに姿を見せ、「以前から聴いていました」と上等なシャンパンを贈った話はあまりに有名だ。

 2005年には24年ぶりにレイニーウッドを再結成。歌手の前田亘輝(46)、タレントの志村けん(61)とも親交があり、熱烈なファンも多かったことで知られる。シャイな性格だが、日本のロック界に確かな足跡を残した骨太のロックアーティストだった。

(産経ニュース2011.10.14)

============================

 あのしゃがれた声のブルース。

 もうあの歌声は聞こえない。

 また昭和が消えていく・・・

http://zxb07436.cocolog-nifty.com/diary/2010/01/197550-c9fd.html

http://blog.goo.ne.jp/batuchan36_2010/e/8e61d15d45da9f96935610a9034952be

Ent11101406490000n1

 

« 起き上がれこけし(雄勝) | トップページ | 青い瞳のステラ、1962年夏・・・(柳ジョージ&レイニーウッド)1980年/昭和55年 »

音楽」カテゴリの記事

懐かしい昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳ジョージさん急死…持病の糖尿病悪化:

» 血糖値が3日で下がる! [藤城式食事療法]
糖尿病の症状改善 血糖値 食事の悩みには藤城式食事療法。薬や運動 注射なし。食事だけで わずか3日で血糖値が下がっていきます。 [続きを読む]

« 起き上がれこけし(雄勝) | トップページ | 青い瞳のステラ、1962年夏・・・(柳ジョージ&レイニーウッド)1980年/昭和55年 »