2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【シニアゴルフ】室田が初優勝 日本シニアオープン | トップページ | 【男子ゴルフ】河野がツアー初V ABC男子ゴルフ最終日 »

2011年11月 2日 (水)

恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く(浜田和幸)

内容紹介

2011年は「TPP」ととも始まったとも言える。
菅総理が年頭所感において、TPP締結に向けての交渉・協議を本格化させることを宣言し、これを「平成の開国」と名づけて、製造業と農林漁業の活性化を両立させる目玉政策と位置づけたからだ。
ところが本格的議論が始まる前に東日本大震災が起こり、表面上は“棚上げ”状態になっている。
しかしアメリカからは、「日本の復興にはTPPが絶対に必要だ」という意見が出て、政府・民主党も今秋のTPP締結をあきらめていないという。
果たして本当にTPPは日本の救世主となるのだろうか。
アメリカに知人も多く、独自の情報ルートを持つ著者は、TPP条文案からアメリカの本当の狙いは、まさに日本の市場であり、日本に対して早急なる「構造改革」を求め、アメリカに都合のいいように「日本改造計画」を進めることだと説く。
本書はそうしたアメリカの陰謀を暴くとともに、TPPという甘い罠にかかったら日本はどうなるのかを説き明かした一冊だ。

内容(「BOOK」データベースより)

TPPはアメリカ政府と産業界が一体となり、わが国の構造改革を成し遂げようとする、アメリカに都合の良い「日本改造計画」に他ならないのである。

41unrvmrd2l__sl500_aa300_

« 【シニアゴルフ】室田が初優勝 日本シニアオープン | トップページ | 【男子ゴルフ】河野がツアー初V ABC男子ゴルフ最終日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く(浜田和幸):

« 【シニアゴルフ】室田が初優勝 日本シニアオープン | トップページ | 【男子ゴルフ】河野がツアー初V ABC男子ゴルフ最終日 »