2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 天皇陛下が気管支炎でご入院 | トップページ | 日本人が知らない世界と日本の見方(中西輝政) »

2011年11月10日 (木)

『和の精神と公を思う精神』竹田恒泰(慶應大学講師)

1.いま、中国で話題になっている日本人の写真があるそうです。それは、地震当時、帰れなくなったサラリーマンが駅の階段で、人が通れるように真ん中を空けて、電車の再開を坐って待っている姿です。日本では当たり前ですが、他国ではみんなお構いなしに坐るでしょう。「これは教育の賜物である。GDPで得られるものではない」と中国語で書かれ、わずか数日でネット上で7万回も閲覧されています。

2.日本のことを一番悪く言っている中国ですら、日本人の精神の美しさに共鳴しています。私たちは、もちろん日本のために復興するのですが、日本がこの和の精神と、公を思う精神をもって見事に復興を遂げた時、私は世界が変わるような気がします。

(参考:「致知」:2011年6月号)

« 天皇陛下が気管支炎でご入院 | トップページ | 日本人が知らない世界と日本の見方(中西輝政) »

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『和の精神と公を思う精神』竹田恒泰(慶應大学講師):

« 天皇陛下が気管支炎でご入院 | トップページ | 日本人が知らない世界と日本の見方(中西輝政) »