2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« LOVEマシーン(モーニング娘)1999年/平成11年 | トップページ | 【外交文書公開】周恩来首相、日本に米中接近示唆 「日本取り残される」と国交正常化迫る »

2011年12月22日 (木)

『会社がおかしくなる6つの要因』永守重信(日本電産社長)

1.会社がおかしくなる要因の一番目はマンネリでしょう。それから油断、そして驕(おご)り。人間はすぐこういうつまずきをするのですが、この段階はまだ元に戻せるのです。その次が妥協。震災がおきたのだからしょうがない。円高だからしょうがないと妥協する。これはもうさらに落ち込みます。次は怠慢(たいまん)です。頑張っても怠(なま)けても給料は一緒じゃないかとかね。そして最後は諦めです。そんなこと言ったってできません、という考えがはびこってきた時は末期症状です。

2.最初の1つはそんな大敵ではないけれど、後の3つに陥ったらもう取り返しがつきません。そして一番怖いのは、後から入ってくる幹部が昔の苦労を経験していないために、一流企業に入ってきたような感覚で振る舞うことです。そういう人たちには口で言っても伝わりませんから、プレハブ建屋(日本電産本社の1階に設置している創業当時の作業場)を見せるのが一番です。

3.最近一流大学から入社してくるようになりましたけど、一番大事なのは、日本電産が好きだという人間、よく働くこの会社で自分も一緒に頑張りたいという人間が集まってくることです。ただ有名で給料も高いから入りたいとか、役員として入ってきて威張り散らすような気持ちでやられると、会社はあっという間に沈んでいきます。

(参考:「致知」2011年10月号)

« LOVEマシーン(モーニング娘)1999年/平成11年 | トップページ | 【外交文書公開】周恩来首相、日本に米中接近示唆 「日本取り残される」と国交正常化迫る »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『会社がおかしくなる6つの要因』永守重信(日本電産社長):

« LOVEマシーン(モーニング娘)1999年/平成11年 | トップページ | 【外交文書公開】周恩来首相、日本に米中接近示唆 「日本取り残される」と国交正常化迫る »