2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年52回目のラウンド(大宮国際CC) | トップページ | 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で »

2011年12月11日 (日)

50分間の赤い月、日本全域で「皆既月食」

 

 月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が10日深夜、日本列島全域で起きた。

 月は午後9時45分から南東の空で欠け始め、午後11時5分から12時前まで全て隠れる皆既状態となり、火星のような赤い月が見られた。皆既は約50分間継続した。 

 国立天文台によると、今回は欠け始めから終わりまで、全ての経過が日本の上空で起き、2000年7月以来の好条件だったという。 

 月食は、太陽と地球、月が一直線に並んだときに起きる。地球の大気がレンズの役割をするため、月は影に入っても真っ暗にはならず、明るいオレンジ色から黒っぽい色まで、条件によりさまざまな色になる。

(産経ニュース2011.12.10)

===========================

 子供の時にみた月食よりも鮮やかだった。

 神秘的な夜でした。

Scn11121023150003p1

« 今年52回目のラウンド(大宮国際CC) | トップページ | 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

地球・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50分間の赤い月、日本全域で「皆既月食」:

« 今年52回目のラウンド(大宮国際CC) | トップページ | 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で »