2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【サッカーU-22日本代表】津がチームを救う勝ち越しゴール | トップページ | 弁護士2人が2億7000万円申告漏れ »

2011年12月 1日 (木)

4億4千万脱税、元税務署長に実刑…福岡地裁

 法人税約4億4440万円を脱税したとして、法人税法違反に問われた元小倉税務署長で税理士の高藤正義被告(68)と、北九州市小倉北区の不動産会社「アイデアル」の社長、高橋和広被告(50)の判決が24日、福岡地裁であった。

 野島秀夫裁判長は「脱税額は極めて高額で、悪質な犯行。刑事責任は重い」として、高藤被告に懲役1年6月(求刑・懲役2年6月)、高橋被告に懲役2年6月、執行猶予5年(求刑・同)、法人としての同社に罰金1億円(求刑・罰金1億3000万円)を言い渡した。高藤被告は即日、福岡高裁に控訴した。

 判決によると、高藤被告らは元税理士の男性(法人税法違反で有罪判決確定)と共謀し、2007年7月、06年6月からの1年間で同社の所得が約20億9290万円だったのに、約6億1150万円だったとする虚偽の内容を小倉税務署に申告し、法人税約4億4440万円を脱税した。

 高藤被告は公判で脱税の一部について、「国税庁の通達に従って、同和団体に関係があった会社の税金を特別控除して申告しただけ」などと否認したが、野島裁判長は判決で「通達には控除するとの記載はなく、そもそも法律を超えての控除は認められていない。しかも通達は犯行時には失効していた」として退けた。

(読売新聞2011.11.24)

============================

 あいかわらず、通達とか言っているのか。

 それにしても脱税額、大きいな。

Zeirisibazi

« 【サッカーU-22日本代表】津がチームを救う勝ち越しゴール | トップページ | 弁護士2人が2億7000万円申告漏れ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4億4千万脱税、元税務署長に実刑…福岡地裁:

« 【サッカーU-22日本代表】津がチームを救う勝ち越しゴール | トップページ | 弁護士2人が2億7000万円申告漏れ »