2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で | トップページ | 人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-(矢作直樹) »

2011年12月13日 (火)

【福岡国際マラソン】公務員ランナー川内が根比べを制す 「苦しいけど好き。気持ちいい」

 ロンドン五輪代表の座をめぐっての日本人トップ争いは、39キロを過ぎて2人に絞られた。川内が歯を食いしばって突き放しにかかれば、今井も負けじと抜き返してくる。

 「苦しいけれど好き。相手を打ち破ったら、やってやったと思うし、気持ちいい」。限界を目前にしての意地の張り合いこそ、川内が望んでいたシーンだ。順大時代に「山の神」と呼ばれた箱根駅伝のスターと、「日本のエリート育成システムからの落ちこぼれ」と自称する公務員。40キロ過ぎ、根比べにけりをつけたのは後者の方だった。

 1キロ3分の速いペースを耐えきれず、20キロ過ぎに先頭集団の最後方に。27キロ付近では3位を争う今井、前田らから約30秒も離された。そもそも、状態をピークに持っていくのは来年2月の東京と決めており「40キロ走もできなかったし、やむを得ないかな」。一時はあきらめかけたが、団体で銅メダルを獲得した世界選手権の表彰式がふと頭に浮かび、気が変わった。

 「日の丸が揚がるのを見たい。あの舞台に立ちたい」。川内はこれを機に息を吹き返す。36・4キロで今井、前田を一気に交わすと、いったんは追いつかれたが38キロ過ぎに再度スパート。「世界選手権で(海外勢に)やられてしんどかった」という給水を利してのペースアップで、相手の戦意と体力をすり減らした。

 2時間10分を切っての日本人トップは堂々たる成績。だが「こんなタイムで(五輪代表に)選ばれるとは思っていない。世界と戦うためのタイムを出し、自信を持ってロンドンに挑みたい」ときっぱり。仕上がり途上での快走で、満を持して臨む一戦が楽しみになった。

(産経ニュース2011.12.4)

===========================

 根性みせたな。

 なかなかおもしろい選手だよ。

Oth11120418160028p3

« 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で | トップページ | 人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-(矢作直樹) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で | トップページ | 人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-(矢作直樹) »