2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 50分間の赤い月、日本全域で「皆既月食」 | トップページ | 【福岡国際マラソン】公務員ランナー川内が根比べを制す 「苦しいけど好き。気持ちいい」 »

2011年12月12日 (月)

監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で

 帝国データバンクは7日、中小の上場企業の会計監査を手がけていた監査法人「隆盛監査法人」(東京都千代田区)が、11月30日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けたと発表した。

 負債総額は約2億5000万円で、監査法人の法的整理は初めてという。

 工作機械メーカーの粉飾決算事件を巡り、2008年に証券取引等監視委員会の強制調査を受けるなどし、09年に解散していた。

(2011年12月7日17時45分 読売新聞)
============================
 監査法人が初の経営破綻。
 
 原因は粉飾決算への加担。
 
 職業会計人として、独立性堅持がいかに大切であるかを
考させられる記事である。

Cpabacci

« 50分間の赤い月、日本全域で「皆既月食」 | トップページ | 【福岡国際マラソン】公務員ランナー川内が根比べを制す 「苦しいけど好き。気持ちいい」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監査法人、初の法的整理…粉飾決算事件で:

« 50分間の赤い月、日本全域で「皆既月食」 | トップページ | 【福岡国際マラソン】公務員ランナー川内が根比べを制す 「苦しいけど好き。気持ちいい」 »