2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【金正日総書記死去】追悼大会 最高指導者・正恩氏を公式宣言「軍事優先力強く」 | トップページ | 『被災地の人々を良いお手本に』安藤忠雄(建築家) »

2011年12月29日 (木)

【男子ゴルフ】杉原輝雄氏が死去 「まむし」と呼ばれプロゴルファー50年以上 74歳、前立腺がん

 50年以上にわたって現役を続け、飽くなき勝利への執念から「まむし」と呼ばれた男子プロゴルファーの杉原輝雄(すぎはら・てるお)さんが28日、前立腺がんのため死去した。74歳。大阪府出身。葬儀、告別式の日程は未定。

 平成9年に前立腺がんが発見されたが、手術をせず、がんと戦いながら、ツアーに参戦していた。22年春には国内ツアー「中日クラウンズ」に51年連続で出場し、アーノルド・パーマーの持つマスターズ・トーナメント50年連続出場を抜き、同一大会連続出場の世界記録を更新した。だがその年の夏、がんが転移し、治療に専念していた。23年は貧血や微熱が続き、中日クラウンズを欠場し、記録は51年連続で止まった。

 小学生のときに大阪府茨木市の茨木カンツリー倶楽部(CC)で、キャディーのアルバイトを始め、中学を卒業すると同CCに就職。夜間高校に通いながら、研修生として腕を磨き、昭和32年、プロテストに合格した。初優勝は昭和37年の日本オープン。身長160センチと小柄なプロゴルファーだったが、飛距離が劣る分、アプローチ、パッティングの精度を高めるため、他の選手があきれるほど練習した。また長尺ドライバーの使用、がん発覚後は加圧トレーニングを行うなど、体格的なハンディを補うため、さまざまな工夫をしていた。平成18年の「つるやオープン」では、レギュラーツアーでの世界最年長予選通過記録(68歳311日)を達成した。

(産経ニュース2011.12.28)

===========================

 非力ながら、絶妙なアプローチとパットで51勝。

 昭和のまむしが逝く。

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=270335

http://www.youtube.com/watch?v=clcMtQ-ALZI

Glf11122815590002p5

« 【金正日総書記死去】追悼大会 最高指導者・正恩氏を公式宣言「軍事優先力強く」 | トップページ | 『被災地の人々を良いお手本に』安藤忠雄(建築家) »

Golf」カテゴリの記事

懐かしい昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【金正日総書記死去】追悼大会 最高指導者・正恩氏を公式宣言「軍事優先力強く」 | トップページ | 『被災地の人々を良いお手本に』安藤忠雄(建築家) »