2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 法人ガン保険が税務見直しへ 節税効果に国税庁がブレーキ | トップページ | 中国空母「ワリヤーグ」、空から撮影 大連沖で試験航海 »

2011年12月15日 (木)

金融庁、トーマツも調査へ 大王製紙の決算訂正受け

  金融庁は14日、前会長の巨額背任事件があった大王製紙の監査を担当した「監査法人トーマツ」について、公認会計士法に基づく調査に入る方針を固めた。大王製紙が同日、過去の決算を訂正したのを受けて、監査手続きが正しかったかどうか調べる。

 金融庁はすでに、オリンパスの損失隠し問題を受けて、担当していたあずさ、新日本両監査法人への本格的な調査に入っている。トーマツも調査対象となることで、3大監査法人が企業不祥事の責任を問われる異例の事態に発展する。

 大王製紙は過去の決算で、将来戻ってくる「繰り延べ税金資産」を過大に計上したり、関係会社の株式を実態より高く評価したりしていた。トーマツはいずれも「適正」との意見をつけていた。だが、前会長の背任事件を受けて検証した結果、2007年3月期からの決算を訂正することになった。

 金融庁は、トーマツが意見表明するにあたって、重大な見落としなどが無かったかなどを調べる。

(asahi.com2011.12.14)

===========================

 「重大な見落とし」・・・?

 なにもなかったなんてないでしょ・・・

 職業会計人なんだから・・・

« 法人ガン保険が税務見直しへ 節税効果に国税庁がブレーキ | トップページ | 中国空母「ワリヤーグ」、空から撮影 大連沖で試験航海 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融庁、トーマツも調査へ 大王製紙の決算訂正受け:

« 法人ガン保険が税務見直しへ 節税効果に国税庁がブレーキ | トップページ | 中国空母「ワリヤーグ」、空から撮影 大連沖で試験航海 »