2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« ホタテ&イクラ | トップページ | 中小企業資金繰り支援、「円滑化法」1年再延長 »

2012年1月 5日 (木)

『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った!』(松木国俊著)

■「七奪」に事実をもって反論

 ある日のこと、持ち込み原稿の電話を受けた。「私は、新しい歴史教科書をつくる会の松木といいます。日韓問題についてビジネスマンの頃より研究しているものですが、ようやく原稿を書き上げました。一度、読んでいただけませんか」というものだった。

 持ち込み原稿を弊社で発刊することはほとんどないのだが、松木氏の自分の原稿についての要領を得た説明ぶりに、まず感心した。それに日韓問題の単なる研究家というだけではなく、商社マンとしてソウルに5年ほど駐在していたということにも興味をもった。

 案の定、原稿はじつに丁寧に書き込まれ、韓国、韓国人との実際のお付き合いの経験が行間に滲(にじ)み出ていた。巷(ちまた)によく見られる“反韓”や“反日”を目的に書かれたものではなかった。

 なぜ、日韓は解(わか)り合えないのか? その原因の大きな一つに、歴史認識問題があるとする著者は、韓国人が反日の最大の根拠としている「七奪」の一つ一つに事実をもって反論していく。その姿勢は、何かに偏ったものではなく、当時の時代状況全体を冷静に眺め、淡々と書き綴(つづ)っている。

 日本の朝鮮統治が、台湾統治同様、西欧諸国のそれに較(くら)べるといかにまっとうであったかがよく分かる。

 日韓問題に限らず、すべての歴史問題は、当時の世界史的視点を加味しなければ近視眼の蛸壷(たこつぼ)に嵌(はま)ってしまうだろう。

 本書は、間違った日韓歴史認識を糺(ただ)し、日韓相互理解の道を真摯(しんし)に提案している好著である。(ワック・1575円)

(産経ニュース2011.9.24)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%AF%E3%80%8C%E6%97%A5%E9%9F%93%E4%BD%B5%E5%90%88%E3%80%8D%E3%81%8C%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%A3%E3%81%9F-%E6%9D%BE%E6%9C%A8-%E5%9C%8B%E4%BF%8A/dp/4898311660

51ujn9qer7l__sl500_aa300_

« ホタテ&イクラ | トップページ | 中小企業資金繰り支援、「円滑化法」1年再延長 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った!』(松木国俊著):

« ホタテ&イクラ | トップページ | 中小企業資金繰り支援、「円滑化法」1年再延長 »