2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 仏語『意業』② | トップページ | 仏語『財欲』 »

2012年1月19日 (木)

オリンパスが元・現監査役提訴、調査委は監査法人の責任認めず

 オリンパスは17日、損失隠し問題に関する監査役などの責任を調べていた「監査役等責任調査委員会」の調査報告書を受けて、元・現監査役5人に対し、総額10億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したと発表した。

監査役等責任調査委は16日付でオリンパスに調査報告書を提出。同報告書で元・現監査役5人について総額83億8232万円の損害を会社に与えた責任があると認定したことから同5人を提訴したが、賠償請求額は支払い能力を考慮して小さくした。総額10億円は5人の連帯債務とし、それぞれの請求額は裁判を通じて決まる。一方で、同報告書では、同社の監査を行った2監査法人の法的責任は認められなかったと結論付けたため、オリンパスも監査法人への提訴は見送った。

またオリンパスは同日、次期社長を含む取締役と監査役の候補者を決める「指名委員会」の設置を16日付で決定したと発表した。3―4月の臨時株主総会後に退任すると表明している高山修一社長らの後任人事を指名する。委員は、現社外取締役の林田康男氏と来間紘氏の2人。

<調査委、5人の監査役の責任認定>

監査役等責任調査委は、過去の損失隠しに関し、監査役、監査法人、執行役員の責任について調べていた。責任が認定された5人は、含み損の「飛ばし」を行っていた1990年代に経理部長を務めた太田稔・元常勤監査役、現監査役の今井忠雄氏、島田誠氏(社外)、中村靖夫氏(社外)、昨年6月まで常勤監査役だった小松克男氏。

特に太田氏は、90年代に経理部長として含み損の存在を知っていながら、監査役に就任した01年6月以降も黙認し続けたことに善管注意義務違反があったとし、37億2556万円の損害を与えたとした。また、残る4人については、国内3社の株式取得や英ジャイラス社買収を決議した取締役の善管注意義務違反を見逃したとし、46億5675万円(連帯債務)の損害を認定した。

一方で同報告書は、09年3月期まで同社を監査していたあずさ監査法人と、10年3月期以降を担当する新日本監査法人の2監査法人の注意義務違反を認めず、歴代執行役員も不適切な業務執行行為は認められなかったとした。

損失隠しを主導したとされる山田秀雄・前常勤監査役は、すでに8日付で元取締役として損害賠償提訴の対象になったため、同委の報告書では、責任追及の対象から外れた。

(ロイター2012.1.17)

===========================

 監査法人にお咎めなし。

 そんなことないだろ・・・

 曖昧にすることは監査法人の将来のためにも良くない。

Cpabacci

« 仏語『意業』② | トップページ | 仏語『財欲』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスが元・現監査役提訴、調査委は監査法人の責任認めず:

« 仏語『意業』② | トップページ | 仏語『財欲』 »