2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« ワールドワイドのナイスバディ 美の競演もグローバル   | トップページ | 【台湾総統選】馬英九総統が勝利宣言 »

2012年1月17日 (火)

【プロ野球】殿堂入りの故津田氏 こだわり続けた直球

 打者の手元で浮き上がる剛速球。あふれる闘志をそのまま体現したその直球こそが、「炎のストッパー」の異名を持つ津田氏の代名詞だった。32歳で逝去してから今年で丸19年。思わぬ吉報に夫人の晃代さんは「本人が一番驚いていると思います」と故人の思いを代弁した。

 実働10年間のプロ生活は故障との闘いだった。2年目以降は度重なる右肩痛や右手中指の血行障害に悩まされた。それでも、1986年にはリリーフに転向し、22セーブを挙げてリーグ制覇に貢献。信条にしていた「弱気は最大の敵」という言葉を胸に、脳腫瘍が発覚する直前まで、頭の痛みをこらえながらマウンドに立ち続けた。

 引退した91年は、広島がリーグ制覇した年。選手たちはシーズン中、津田氏の回復を願い、ユニホームのポケットにお守りを入れてプレーしていたという。「チームの誰からも愛されていた。あの年に優勝できたのは恒実のおかげ」。当時監督を務めていた山本浩二氏はそう振り返る。

 広島の現本拠地であるマツダスタジアムには、「直球勝負 笑顔と闘志を忘れないために」と書かれた、通称「津田プレート」が埋め込まれている。自身の代名詞だった剛速球のように、疾風のごとく駆け抜けた人生。直球勝負にこだわり続けた背番号14の雄姿は、ファンの脳裏に深く刻まれている。

(産経ニュース2012.1.13)

===========================

 記憶に残る「魂の直球」。

 奥さん、たいへんだったろうな。

 お疲れ様!

Bbl12011320560004p2

Bbl12011320560004p1

« ワールドワイドのナイスバディ 美の競演もグローバル   | トップページ | 【台湾総統選】馬英九総統が勝利宣言 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】殿堂入りの故津田氏 こだわり続けた直球:

« ワールドワイドのナイスバディ 美の競演もグローバル   | トップページ | 【台湾総統選】馬英九総統が勝利宣言 »