2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« オリンパスの粉飾をめぐり、新旧監査法人が泥仕合 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

2012年1月 9日 (月)

大相撲初場所】日本人優勝額が消える 外国出身者の隆盛を象徴

 大相撲初場所初日を翌日に控えた7日、東京・両国国技館に掲げられる優勝額の入れ替え作業が行われた。昨年秋、九州場所を連覇した横綱白鵬の2枚が加わるため、平成18年初場所の栃東(現玉ノ井親方)を含む最も古い2枚が外され、初めて日本人力士の優勝額がなくなった。

 優勝額は全32枚。明治42年から掲額が始まり、年3回の東京場所の前日に前場所、前々場所の2場所分を入れ替える。八百長問題を受け、昨年3月の春場所は開催自体が中止、続く5月は技量審査場所となり優勝額は制作されていない。

 32枚の内訳はモンゴル出身の白鵬20枚、朝青龍9枚、日馬富士2枚、ブルガリア出身の琴欧洲1枚。貴乃花審判部長(元横綱)は「これから(日本人の優勝が)増えていくでしょう」と巻き返しを予想した。

(産経ニュース2012.1.7)

============================

 日本人力士よ、相撲は体格だけじゃないぜよ。

Mrt12010714360000n1

« オリンパスの粉飾をめぐり、新旧監査法人が泥仕合 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初場所】日本人優勝額が消える 外国出身者の隆盛を象徴:

« オリンパスの粉飾をめぐり、新旧監査法人が泥仕合 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »