2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 円滑化法再延長の裏に潜む 金融庁の意外な思惑 | トップページ | 『本田宗一郎語録』 »

2012年1月13日 (金)

『身の丈に合わない商売はしない』塚越寛(伊那食品工業会長)

1.ビジネスとは何かといえば、「この会社が好き」というファンをいかに増やすかだと思う。会社は本来、社会の営みの中で人を幸せにするためのものだ。その中でいちばん身近な人は社員だ。この会社はこの町の人を幸せにする、あの会社はあの町の人を幸せにする、そういうのが日本中にあるといいと思う。取引先が儲かれば、そこの人が幸せになる。だから取引先からは正しい値段で買えばいい。

2.そういう意味では、スーパーとはあまり取引がない。身の丈に合わない商売はしないというのもあるけど、スーパーというのは、商品を育てるという気構えがない。自分で育てるのではなく、テレビで宣伝して売れるようになったものを並べておけばいい。まじめに地場産業起こしをやっている中小企業はたくさんあるのに、そういうのを大事にしない。

3.定価というものは、その会社が正常な企業活動をするために必要な価格だ。それは本来守られるべきものだ。あらかじめ高い定価をつけて、売るときは何割引きというのは欺瞞(ぎまん)だ。だからうちは値引きしない。そのかわり適正価格をつける、正常な企業活動ができる価格で売る。(参考:「週刊東洋経済」2011年5月14日号)

« 円滑化法再延長の裏に潜む 金融庁の意外な思惑 | トップページ | 『本田宗一郎語録』 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『身の丈に合わない商売はしない』塚越寛(伊那食品工業会長):

« 円滑化法再延長の裏に潜む 金融庁の意外な思惑 | トップページ | 『本田宗一郎語録』 »