2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『人間は理想を持たねばならぬ』(渋沢栄一) | トップページ | 知られざる幕末の志士「山田顕義物語」 »

2012年1月 3日 (火)

皇居で新年一般参賀 陛下「復興進み、少しでも良い年に」

 新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われ、天皇、皇后両陛下と、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方が長和殿のベランダに立ち、東庭に集まった人々に手を振られた。

 午前10時すぎからの初回には15人が姿を見せられた。昨年10月に20歳になった秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまも初めて参加された。

 陛下はお言葉で、昨年、東日本大震災や豪雨など災害が相次いだことに触れ「被災した人々が厳しい状態に置かれていることを案じていますが、被災地の復興が進み、この年が国民一人一人にとり、少しでも良い年となるよう願っています」と述べられた。

 両陛下と皇族方は午前に3回、午後に2回お出ましになる。陛下のお言葉の全文は次の通り。

 「新しい年をともに祝うことをうれしく思います。昨年は東日本大震災や各地の豪雨などによる災害があり、心の痛む年でした。被災した人々が厳しい状態に置かれていることを案じていますが、被災地の復興が進み、この年が国民一人一人にとり、少しでも良い年となるよう願っています。年頭にあたり、世界の平安と人々の幸せを祈ります」

(産経ニュース2012.1.2)

============================

 陛下のご健康を祈念致します。

Imp12010210580001p1

« 『人間は理想を持たねばならぬ』(渋沢栄一) | トップページ | 知られざる幕末の志士「山田顕義物語」 »

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇居で新年一般参賀 陛下「復興進み、少しでも良い年に」:

« 『人間は理想を持たねばならぬ』(渋沢栄一) | トップページ | 知られざる幕末の志士「山田顕義物語」 »