2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年4回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 平成24年経営方針発表会 »

2012年1月30日 (月)

【W杯ジャンプ】伊東、最長不倒で逆転V 日本勢連勝13季ぶり

 

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ札幌大会最終日は29日、札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)で個人第17戦を行い、前日にW杯初優勝した26歳のエース伊東大貴(雪印メグミルク)が1回目に127.5メートルで3位につけると、2回目に最長不倒の137メートルで逆転し、合計243.7点で2連勝を飾った。

 日本選手の個人戦連勝は1999年1月にドイツのビリンゲンで葛西紀明(土屋ホーム)が2連勝して以来13季ぶり。

 

 竹内択(北野建設)は2回目の128.5メートルで8位に入り、渡瀬雄太(雪印メグミルク)は24位だった。葛西や船木和喜(フィット)岡部孝信(雪印メグミルク)ら8人は2回目に進めなかった。2位はカミル・ストッホ(ポーランド)で、個人総合首位のアンドレアス・コフラー(オーストリア)は3位だった。

(産経ニュース2012.1.29)

============================

 連続Vは、「あっぱれ」だ!

Oth12012914550009p2

« 今年4回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 平成24年経営方針発表会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年4回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 平成24年経営方針発表会 »