2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« メイサ 既に同居 赤西は今月中に渡米 | トップページ | あゝ青春(作詞:松本隆司、作曲:吉田拓郎) »

2012年2月11日 (土)

仏語「精進」

【0と1のあいだは、1と99のあいだより広い】

最初の一歩を踏み出すことは、

それほど価値がある、ということです。

車でも電車でも、

最も大きな力が必要なのは、

初速度(最初の一歩)を出すときです。

動き始めてしまえば、

勢いがついて、今度は逆に、

止めるほうが大変になります。

『まず始める』

これがなかなかできないものです。

“僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう”

おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。

ともかく今「始める」ことです。

あれこれ躊躇しているうちに機会は損失する。

「拙速」でもいい。

「三日坊主」でもいい。

「三日坊主」でも10回やれば

1ヶ月やったことになる。

(「生きる意味を教えて」ズバリ示された親鸞聖人の明答:菊谷隆太)

« メイサ 既に同居 赤西は今月中に渡米 | トップページ | あゝ青春(作詞:松本隆司、作曲:吉田拓郎) »

心と体」カテゴリの記事

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏語「精進」:

« メイサ 既に同居 赤西は今月中に渡米 | トップページ | あゝ青春(作詞:松本隆司、作曲:吉田拓郎) »