2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« ジーパーズ(葛西本店) | トップページ | No.1のお尻!後ろ姿を競うコンテスト »

2012年2月28日 (火)

金融庁がAIJ投資顧問に業務停止命令 年金2000億円の大半消失で

金融庁は24日、企業から運用を受託している企業年金の大半が消失しているにもかかわらず、虚偽の説明をしていたとして、独立系投資顧問会社「AIJ投資顧問」(東京都中央区)に対し、1カ月の業務停止命令と業務改善命令を出した。自見庄三郎金融担当相が同日午前の会見で明らかにした。

 同社は約2000億円の年金資金の運用を企業から受託していた。金融庁は今後、証券取引等監視委員会とともに実態解明を急ぐ。

 自見金融相は「顧客の資産が毀損(きそん)したとみられるため、投資者保護の観点から実施した。このような事態は誠に遺憾だ」と述べた。刑事告発の可能性については「法と証拠にしたがって対応したい」としている。

  AIJに運用を委託した企業は年金資金を引き出せなくなる。また、年金資金の消失が確定すれば、顧客の企業側の損失は避けられない見通しだ。

 今回の事態を受け、金融庁は263社に上る投資一任業者に対する一斉調査を実施する。

 監視委が1月からAIJに検査に入り、消失が判明した。監視委の連絡を受け、金融庁が2月17日に報告を求めたところ、23日夕に同社から「運用について投資家に説明できない状況になっている」との回答があったという。

 具体的な消失額や原因は調査中だが、AIJは顧客に対しこうした実態を説明していなかったとみられる。AIJはリーマン・ショックによる市場混乱の中でも好業績を残す運用会社として投資家の間でも評判だったという。

(産経ニュース2012.2.24)

===========================

 ありそうな話だよな。

 しかし、どうするのかな・・・

« ジーパーズ(葛西本店) | トップページ | No.1のお尻!後ろ姿を競うコンテスト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ジーパーズ(葛西本店) | トップページ | No.1のお尻!後ろ姿を競うコンテスト »