2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 五右衛門(高田馬場) | トップページ | 『ちびまる子ちゃん』の世界に登場する桑田佳祐、初公開。サザン公式サイトをまるちゃんがジャックも »

2012年3月29日 (木)

相続税調査の実態とは?

◆ 約1万4千件が調査を受け、1件あたり583万円追徴に!
 
国税庁発表による「2010事務年度(2010年7月~2011年6月まで)における相続税調査実績」によると、実施調査の件数は1万3,668件、このうち申告漏れが見つかった件数は1万1,276件、調査件数のうち申告漏れ割合は82.5%に達した。調査1件あたりの申告漏れ財産は約3千万円(2,992万円)にのぼり、同・追徴税額は583万円に!

◆ あなたも”無関係!”、ではいられない!
 同じく国税庁のデータによれば、2009年に亡くなった方は約114万人ですが、相続税の課税対象の方は4.1%の約4万6千人なので、相続税は”一般庶民は関係ない!”と感じられがち。相続税の課税対象を大幅に引き上げる(基礎控除枠の4割削減など)税制改正は、昨年度の税制改正で見送られたものの、先頃閣議決定された「税と社会保障の一体改革」では、昨年度改正案とまったく同様の改正が織り込まれており、これが通れば、一般家庭にも相続税が課税される日が遠からずやってくる。

◆ 相続税対象の3人に1人に調査が入ることを忘れない!
 上記のデータから推計すると、2009年の相続税課税対象者約4万6千人に対して、2010年度の調査件数は約1万4千件となり、単純計算で課税対象者の約30%に調査が行われたことに。相続税を申告すると、3人に1人は調査を受けることになる。

◆ ”海外財産”だからといって、逃れられない!
 調査実績では、海外財産の調査結果も同時に公表されている。調査件数も年々増え続け、申告漏れ財産も2010年度は減少したものの増加傾向だ。こうしたデータが公表されていることは、「相続税調査において海外財産も大きなターゲット」であることが窺える。

« 五右衛門(高田馬場) | トップページ | 『ちびまる子ちゃん』の世界に登場する桑田佳祐、初公開。サザン公式サイトをまるちゃんがジャックも »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続税調査の実態とは?:

« 五右衛門(高田馬場) | トップページ | 『ちびまる子ちゃん』の世界に登場する桑田佳祐、初公開。サザン公式サイトをまるちゃんがジャックも »