2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 雪・・・もうすぐ春ですね! | トップページ | 【なでしこ】ノルウェーに逆転勝ち 五輪イヤー、国際大会初戦 »

2012年3月 1日 (木)

【サッカー日本代表】乏しかった積極性…消化不良のホーム初●

 慈善試合を含めれば、ザッケローニ監督の就任20戦目で喫したホーム初黒星に、主将の長谷部は苦々しい表情を浮かべた。「3次予選での2敗は、まだまだ自分たちの弱さを感じる。慢心していたわけじゃないが、改めてアジアは弱くないと突き付けられた」。最終予選前の最後の実戦は、少なくない後味の悪さが残った。

 「消化試合」という側面を利用し、指揮官は香川を初めて所属先と同じトップ下で先発起用。1トップにも代表戦経験の少ないハーフナーと李を併用してテストした。だが屈強な味方に守られるドルトムントとは勝手が違うのか、香川は後方に下がってボールを受ける場面も目立ち、左MFでの起用より迫力不足。ハーフナーと李は、シュートに持ち込むことすらできなかった。帰国直後というコンデションの悪さを差し引いても、中村や前田(磐田)がアイスランド戦で示したような安定感にはほど遠かった。

 ザッケローニ監督はさらに、シュート6本に終わった消極性を問題視する。「ゴール前のコンビネーションはうちのよさだが、違ったことを試せばいい。ミドルシュートの意識が足りない」。若手中心のウズベキスタンに気後れするようでは、アジア王者の名は廃るばかり。期待された宮市を試すこともできず、3カ月後の再出発に不安を残した。

(産経ニュース2012.3.1)

==========================

 パス、連携がまったくうまくいっていなかった。

 まだまだだな。

Scr12030100300005n1

« 雪・・・もうすぐ春ですね! | トップページ | 【なでしこ】ノルウェーに逆転勝ち 五輪イヤー、国際大会初戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【サッカー日本代表】乏しかった積極性…消化不良のホーム初●:

« 雪・・・もうすぐ春ですね! | トップページ | 【なでしこ】ノルウェーに逆転勝ち 五輪イヤー、国際大会初戦 »