2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【春の嵐】強風の原因は「爆弾低気圧」 | トップページ | 【プロ野球】広島4-0巨人 巨人は早くも2度目の零敗 »

2012年4月 4日 (水)

『肥大化する中国進出リスク』

1.東日本大震災以降、台湾への関心が高まりつつある。一つは、総額180億円以上の多額の義援金を台湾が集めたこと。台湾は親日だという意識はあったものの、まさに行動でその気持ちを示してくれたことに、日本人は感謝と驚きを持った。ビジネス面でも、その傾向はある。大震災で工場などが被害を受け、サプライチェーンが停止。そのため、基幹部品などを海外に移したい企業がまず台湾に関心を示し、すでにパナソニック、キャノン、日立などが生産移転・工場新設へ動き出している。

2.では、なぜ台湾なのか。海外での主戦場は中国を中心とする新興国市場であることは間違いない。とはいえ、成長に伴うひずみと、共産党一党独裁という政治体制から生じる問題も顕在化。中国進出では、リスクが日増しに肥大化している。

(参考:「週刊東洋経済」2011年10月1日号)

« 【春の嵐】強風の原因は「爆弾低気圧」 | トップページ | 【プロ野球】広島4-0巨人 巨人は早くも2度目の零敗 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『肥大化する中国進出リスク』:

« 【春の嵐】強風の原因は「爆弾低気圧」 | トップページ | 【プロ野球】広島4-0巨人 巨人は早くも2度目の零敗 »