2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 税高くして民滅び、国亡ぶ(渡部昇一著) | トップページ | 同窓会人事 »

2012年4月23日 (月)

【フィギュア国別対抗】日本、総合力で圧倒 層の厚み示す

 3つの国旗の真ん中で日の丸が最も高く掲揚された。「日本チームはシャイなので、応援よりも演技で頑張りたい」。主将の高橋大輔が意気込んだ通り、フランスやイタリアの鳴り物や派手な衣装による応援パフォーマンスを尻目に、氷上の存在感で初優勝を飾った。

 原動力は層の厚さだ。

 男子の高橋がSPで歴代最高、フリーでも自己最高を大幅に更新する演技で、世界王者のパトリック・チャン(カナダ)を今季初めて破ってのトップ。女子も27歳の鈴木が総合1位となり、世界選手権銅メダルに続く好成績で牽引(けんいん)した。

 男子は6位の小塚に加え、右足首捻挫で欠場の羽生結弦(宮城・東北高)と、左膝の故障から来季復帰するバンクーバー五輪7位の織田信成(関大大学院)が控える。女子も不調で出場できなかった浅田真央(中京大)のほか、22日のエキシビションに出演する安藤美姫(トヨタ自動車)の来季の動向次第で層はさらに厚みを増す。

 弱点だったアイスダンスとペアのうち、ペアで高橋成美、トラン組が急成長し、今大会も3位と健闘。「私たちの演技を見てペアへの関心が高まれば」という高橋成のメッセージも届きそうだ。

 トランがカナダ国籍で高橋組の五輪出場は不透明なうえ、五輪は開催方式も違うため、そのまま成績を置き換えることはできない。それでも現状で日本がフィギュア大国であることは十分に証明した。

(産経ニュース2012.4.22)

============================

 日本フィギアのレベルの高さが証明された。

 そして、日本のお家芸の団体戦。

 観ていて非常に勇気づけられましたよ。

Oth12042201090001n1

« 税高くして民滅び、国亡ぶ(渡部昇一著) | トップページ | 同窓会人事 »

スポーツ」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【フィギュア国別対抗】日本、総合力で圧倒 層の厚み示す:

« 税高くして民滅び、国亡ぶ(渡部昇一著) | トップページ | 同窓会人事 »