2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『人物に学ぶ』荒井桂(郷学研究所所長) | トップページ | 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一著) »

2012年5月18日 (金)

浅草・人気もなか店主脱税=1億円所得隠し―東京地検

 東京・浅草の浅草寺仲見世通りで人気のもなか店を経営する会社の実質経営者が、3年間で約1億500万円の所得を隠したとして、東京地検特捜部は11日、所得税法違反(脱税)の罪で同社の延命好子取締役(49)を在宅起訴した。
 関係者によると、店の屋号は「浅草ちょうちんもなか」。ホームページによると、2000年7月の開業で、東京で唯一のアイスもなか専門店という。
 起訴状によると、延命取締役は売り上げを除外する方法で、10年まで3年間の所得約1億500万円を隠し、所得税計約3400万円を免れたとされる。特捜部によると、隠した金は不動産購入に充てていた。 
(時事通信2012.5.11)

==========================

 老舗が脱税。

 そのダメージは大きい。

 

« 『人物に学ぶ』荒井桂(郷学研究所所長) | トップページ | 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一著) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草・人気もなか店主脱税=1億円所得隠し―東京地検:

« 『人物に学ぶ』荒井桂(郷学研究所所長) | トップページ | 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一著) »