2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『桃太郎集団を作る』泉谷直木(アサヒグループホールディングス社長) | トップページ | 『予定管理ツールとして手帳などが増加』 »

2012年5月25日 (金)

『2012年売上げを伸ばす企業の条件』飯田勧(オーケー社長)

1.2012年の世界経済が良くなるか、悪くなるか、私には分からない。私が判断できるのは「お店に来る顧客が何を求めているか」だけです。何しろ83歳になった今までも、自分の店に買い物に行ってカートを押しながら顧客の様子を観察しています。実際、店では今、海外産ワインが例年にないほど売れている。歴史的円高で安く仕入れられたこともあるけど、何もかも売れないという状況ではなくなってきたのも事実です。

2.そうして現状から考えれば、2012年は顧客のニーズに合う商品・サービスを提供し、いち早く不況を抜け出す企業が、様々な分野で出てくるかもしれない。東京のスーパーで言えば、2012年に売り上げを伸ばす企業の条件はほぼ決まっている。食の安全対策がきちんとできる企業です。

3.2011年3月以降、顧客の買い物の仕方が一変しました。野菜から果物、肉、魚、乳製品まで産地を店員に尋ねる方が増えた。お客様が商品の説明書を読む時間も以前に比べて長くなりました。そんな中で、スーパーとしてやれることは限られています。1つは放射能検査です。もう1つは、風評被害の解消に全力を注ぎながら、お客様が望む産地の生鮮食品を充実させていくことです。

(参考:「日経ビジネス」2011年12月26日・2012年1月2日号)

« 『桃太郎集団を作る』泉谷直木(アサヒグループホールディングス社長) | トップページ | 『予定管理ツールとして手帳などが増加』 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『2012年売上げを伸ばす企業の条件』飯田勧(オーケー社長):

« 『桃太郎集団を作る』泉谷直木(アサヒグループホールディングス社長) | トップページ | 『予定管理ツールとして手帳などが増加』 »