2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一) | トップページ | 中島みゆき、銀幕でも熱く ライブの映画館上映続々と »

2012年5月19日 (土)

『世界の変化を把握する』坂根正弘(コマツ会長)

1.国のリーダーも企業のリーダーもそうですが、まず世界が本質的にどんな変化をしているのかをきちんと把握したうえで、自分たちの強みをベースにした戦略を描くことが必要です。そして、その戦略に国民や社員の汗と知恵を結晶するために、トップがどんなメッセージを発信すればいいかと真剣に考えるのです。すべてはトップの「言葉力」にかかっています。

2.長い目で見れば、グローバル展開は必須です。日本企業が成長を続けるには、直接、間接を問わず、特にアジアの伸びに何としてもかかわりを持たないといけません。最近気になるのは、「日本は少子高齢化と人口減少の中で、どう生きていくか」という内向きの議論が多いことです。外を見て下さい。世界では人口爆発が起きています。ここに食らいついていくことです。

(参考:「日経トップリーダー」2012年1月号)

« 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一) | トップページ | 中島みゆき、銀幕でも熱く ライブの映画館上映続々と »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の変化を把握する』坂根正弘(コマツ会長):

« 「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇-「戦後」混迷の時代に-(渡部昇一) | トップページ | 中島みゆき、銀幕でも熱く ライブの映画館上映続々と »