2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

« “エロスの女王”杉本彩に武藤も心酔「このまま感じていたい…」 | トップページ | 今年18回目のラウンド(藤岡GC西) »

2012年5月12日 (土)

『報いを求めず積み上げていく』伊與田覺(論語普及会学監)

1.会社など、組織では「人材」「人財」という言葉が用いられ、才能があり、大いなる働きをする人のことを意味します。これに対して「人物」という言葉もあります。「あの人は人物だ」という時、これは単に才能のある人をいうのではありません。才能と徳を併せ持った人、才能もあるけれども徳のほうが勝っている人を指します。

2.中国古典の「大学」に「徳は本(もと)なり、財は末(すえ)なり」という言葉があります。道はもともと天地宇宙のルールを表します。そのルールを人が素直に受け入れ、実行した時に、その道は徳になるのです。財という字の「貝」はもともと貨幣の代わりに使われていました。これに「才」がついて財となりますが、「才」には働きという意味とともに「わずか」という意味もあります、つまり財というものは全体からするとわずかな存在であり、本来でいえばあくまでも徳が本なのです。

3.腹に一物あっては、いくら善を積んでも本当の徳は備わりません。徳がなくなればせっかくつくったものも失われてしまいます。報いを求めずに積み上げていくものこそが、本当の徳につながることを心しなければならないと思います。

(参考:「致知」2011年11月号)

« “エロスの女王”杉本彩に武藤も心酔「このまま感じていたい…」 | トップページ | 今年18回目のラウンド(藤岡GC西) »

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『報いを求めず積み上げていく』伊與田覺(論語普及会学監):

« “エロスの女王”杉本彩に武藤も心酔「このまま感じていたい…」 | トップページ | 今年18回目のラウンド(藤岡GC西) »