2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 国家破産・これから世界で起きること、ただちに日本がすべきこと(吉田繁治著) | トップページ | 大島優子、涙のセンター返り咲き! AKB総選挙 »

2012年6月 8日 (金)

心を整える-勝利をたぐり寄せるための56の習慣-(長谷部誠著)

 『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』
日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。

 長谷部誠はサッカー選手としては、特に特徴がある選手ではない。
試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけではない。

 だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心人物だ。
それに加え、浦和レッズではタイトルを総なめにし、移籍したドイツでは、クラブチームを初優勝に導いた。

 そして、記憶に新しいアジアカップでのチーム優勝……。
彼は一体何を持っているというのか。

 それは、類まれなるメンタルコントロール力にある。

 心はよく「鍛える」「磨く」などと表現されるが、長谷部誠は違う。

 心を「整える」のだ。

 生活のリズム、睡眠、食事、そして、練習。日々の生活から、心に有害なことをしないように、少しでも乱れたら自分で整える。
そうすることによって、いかなる試合でも、いかなる場面でも揺らぐことがなく、ピッチで力が発揮できるという。

 実践することはいたってシンプルながら、だからこそ、慌しい現代では意識をしないと難しいもの。
 

 力を抜いて無理なく自然体で行える姿は、まさに彼の心情が姿勢として表れている証明だろう。

 今最注目のアスリートのビジネスでも、スポーツでも、あらゆるシーンで応用できる新メンタルコントロール術!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
プロサッカー選手初の自己啓発書。誰もが実践できるメンタル術!心は鍛えるものではなく、整えるもの。いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 心を整える。/第2章 吸収する。/第3章 絆を深める。/第4章 信頼を得る。/第5章 脳に刻む。/第6章 時間を支配する。/第7章 想像する。/第8章 脱皮する。/第9章 誠を意識する。/最終章 激闘のアジアカップで学んだこと。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長谷部誠(ハセベマコト)
1984年1月18日、静岡県出身。3歳のときにサッカーを始め、青島東小のスポーツ少年団、青島中サッカー部を経て藤枝東高校入学。2001年の全国総体準優勝。’02年浦和レッズ加入。’08年ヴォルフスブルクへ移籍。’10年南アフリカ・ワールドカップではゲームキャプテンとして、4試合すべてに先発出場しベスト16進出。11年AFCアジアカップではキャプテンとして、優勝に貢献した。ポジションはMF(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%82%92%E6%95%B4%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%82-%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%82%92%E3%81%9F%E3%81%90%E3%82%8A%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE56%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3-%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0/dp/4344019628

31midawnydl

« 国家破産・これから世界で起きること、ただちに日本がすべきこと(吉田繁治著) | トップページ | 大島優子、涙のセンター返り咲き! AKB総選挙 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国家破産・これから世界で起きること、ただちに日本がすべきこと(吉田繁治著) | トップページ | 大島優子、涙のセンター返り咲き! AKB総選挙 »