2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 桑田佳祐、特番「音楽寅さん2012 “I LOVE YOU –now & forever-”スペシャル」放映決定 | トップページ | 【主張】尖閣発言 国益損なう大使は更迭を »

2012年6月 9日 (土)

【サッカー日本代表】日本、6発で圧勝 高い位置からの守備さえる

 

 日中の暑さが夜まで残った埼玉スタジアムは、圧巻のゴールラッシュでさらに熱を帯びた。立ち上がりから積極的に攻めた日本が、相手の退場でさらに試合を優位に進め、大量6点を荒稼ぎ。ホームで迎えた最終予選で、2連勝発進の「満点回答」を出した。

 ザッケローニ監督が感じていた手応え通りだった。「オマーン戦の前にはチームにかなりの情報を植え付けたが、ヨルダン戦は個人に詳細な情報を出すにとどめた」。身体能力の高さを押し出し、守りを固めてカウンターを狙う中東勢には過去に苦戦も強いられたが、本田の復帰で芯の通った前線はオマーン戦で真価を発揮。守りの手薄な両サイドから持ち前のスピードで相手を切り崩し、3-0と完勝。内容にも満足した指揮官の表情はがらりと変わり、オマーン戦後の合宿では、にこやかな笑みを浮かべて帰りのバスに乗り込む姿もみられた。 

 相手が昨年のアジア杯初戦で苦しめられたヨルダンに変わっても、強さは失われなかった。効いたのは前線からの積極的なプレス。ロングボールを封じるだけでなく、高い位置でボール奪うことにより、攻めに攻め倒す展開に持っていった。試合前は「読みにくい攻撃をすることが大事。この前より(決定機の)質と回数を上げていかないと点はとれない」と慎重だった本田も、巧みな動き出しでマークを引きはがし、ハットトリックを達成。余裕の生まれた後半には本田や、守備を統率する今野まで下げて控えメンバーを試す余裕の試合運びで、序盤の山場となる敵地での豪州戦にも大いなる弾みを付けた。

(産経ニュース2012.6.8)

============================

 出来過ぎだろうな。

 豪との対戦、ここで真価が問われる。

Hinomaru

« 桑田佳祐、特番「音楽寅さん2012 “I LOVE YOU –now & forever-”スペシャル」放映決定 | トップページ | 【主張】尖閣発言 国益損なう大使は更迭を »

サッカー」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 桑田佳祐、特番「音楽寅さん2012 “I LOVE YOU –now & forever-”スペシャル」放映決定 | トップページ | 【主張】尖閣発言 国益損なう大使は更迭を »