2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【全英オープンゴルフ】エルスが10年ぶり2度目V ウッズは3位 | トップページ | 【イチロー移籍】イチロー「僕がいるべきではない」「環境変え、刺激求めたい」 »

2012年7月26日 (木)

ハイエクの大予言(渡部昇一著)

目次

新装まえがき
初刊本まえがき
プロローグ 『隷従への道』の読み方
1 自由主義こそが経済繁栄を生む
2 「自由」は「民主」を凌駕する
3 「競争」と「規制」の中庸は難しい
4 「統制」と「保護」は発展を阻害する
5 「権力者」は未来を見通せない
6 「法」の確立が強い経済を生む
7 「お金」の自由こそが幸福の源
8 「私有財産」の肯定が活力をつくる
9 保障が特権になる危険
10 全体主義体制は人間性を破壊する
11 「規制する者の論理」による洗脳
12 「反自由商業国」は破滅する
13 「福祉国家」という甘い罠
14 文明の発達は「伝統の力」から
15 穏やかな「世界連邦」のすすめ
初刊本あとがき

内容紹介

税と社会保障(福祉)が一体になったらどうなるか。福祉を増やせば、それに応じていくらでも税を増やすということになる。それが一体化の意味である。たとえば医療費だけでも年間約34兆円で、毎年1兆円ずつ増えてゆくことになる。税収は約40数兆円だ。医療費の削減は選挙を考えると政治家は削りにくいであろう。同じことは生活保護費でも、失業対策費でも、その他もろもろの福祉関係のことについていえるであろう。税と一体化したらどうなる。税は限りなく高くなることだ。サッチャー首相が出る前のイギリス政府は「揺り籠墓場まで」という耳触りのよい福祉政策を40数年続けたら、IMFに救いを求めなければならないほど窮乏化したのである。あのかつて世界一の富裕国イギリスが、かつての植民地のシンガポールや、かつて貧乏国と見下していたイベリア半島の国よりも、一人当たりのGDPが低くなったのである。サッチャー首相の努力で下げ止まり、恢復した面もあるが、かつての大工業国家であることに戻ることはできずにいるようだ。ハイエク先生の指摘の予言性に改めて驚く。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%A4%A7%E4%BA%88%E8%A8%80-%E6%B8%A1%E9%83%A8%E6%98%87%E4%B8%80/dp/4828416676

51e9he3op0l__sl500_aa300_

« 【全英オープンゴルフ】エルスが10年ぶり2度目V ウッズは3位 | トップページ | 【イチロー移籍】イチロー「僕がいるべきではない」「環境変え、刺激求めたい」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイエクの大予言(渡部昇一著):

« 【全英オープンゴルフ】エルスが10年ぶり2度目V ウッズは3位 | トップページ | 【イチロー移籍】イチロー「僕がいるべきではない」「環境変え、刺激求めたい」 »