2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 名言:松下幸之助(8) | トップページ | 税理士法違反:容疑で行政書士を逮捕:無資格で確定申告書/静岡 »

2012年10月10日 (水)

【プロ野球】引退の金本 痩身だった最初の3年間の苦悩

 甲子園に詰めかけたファンが積極果敢な走塁に目を細めた。阪神の金本が引退試合で、慣れ親しんだ「4番・左翼」で先発出場。六回に三浦から中前打を放つと、すかさず通算167個目となる二盗を鮮やかに決めた。続く新井貴の中前打で本塁へ果敢に突入。ブロックに阻まれたが、割れんばかりの歓声を背に、44歳はちゃめっ気たっぷりに舌を出した。

 この日はまず衰えぬ足を披露したが、強い肉体は生まれついたものではない。広島入団時の金本の体重は78キロとプロ野球選手としては細身。ただ、そこから徹底したトレーニングで“筋肉のよろい”を身につけ、無理をして食事を口に運ぶことで90キロ近い現在の体を作り上げた。

 「最初の3年は苦しかった」と振り返る金本を鍛えたのが、当時2軍監督だった三村敏之氏(故人)。「今の自分があるのは三村さんのおかげ。厳しかったけど、振り返れば愛情があった」と金本。当時は少なかった年俸からトレーニングジムに通う費用を捻出し、午前中にジムで筋トレをしてから、球場で特打ちする日々が始まった。打撃練習ではあまりの練習量に打撃投手の制球が乱れ、金本の体にしばしば球が当たったが「逃げないことが目的だから」と、三村2軍監督はやめさせなかったという。

 当時の広島の守備走塁コーチだった高代延博コーチも「努力の天才だった」と振り返る。数々の記録を残した「鉄人」の原点は、78キロの自分自身にあった。

(産経ニュース2012.10.9)

==========================

 人知れずの努力。

 あきらめない根性と執念の選手。

 そして、徹底的に鍛え、見守ってくれた恩人。

 あなたのプレーは、必死さが伝わり、人々が感動する。

 骨折した翌日、右手一本での安打は忘れない。

 昭和の鉄人がまたひとり消える・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=MQS8ORlYq9U&feature=related

Bbl12100920510015p6

« 名言:松下幸之助(8) | トップページ | 税理士法違反:容疑で行政書士を逮捕:無資格で確定申告書/静岡 »

野球」カテゴリの記事

懐かしい昭和」カテゴリの記事

けっこう好きです!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】引退の金本 痩身だった最初の3年間の苦悩:

« 名言:松下幸之助(8) | トップページ | 税理士法違反:容疑で行政書士を逮捕:無資格で確定申告書/静岡 »