2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 「超」入門~失敗の本質~日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ(鈴木博毅著) | トップページ | 中島みゆき、20年ぶりドラマ出演「こんなはずじゃなかった」 »

2012年10月 8日 (月)

ノーベル賞に山中伸弥教授

 

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学・生理学賞を、あらゆる細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン教授の2氏に授与すると発表した。患者自身の細胞を移植して病気やけがを治療する「再生医療」への道を開いた功績が評価された。

 日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで、米国籍の南部陽一郎氏を含め計19人。医学・生理学賞は1987年の利根川進氏以来、2人目の快挙となった。 

 iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞の一種。これを基に神経や肝臓、心臓などの細胞を作製し、病気や事故で機能を失った患者の臓器などに移植することで、難治疾患を治療する再生医療の実現が期待されている。 

 研究はまだ安全性評価の段階で、実際に患者に使われたケースはない。医療分野のノーベル賞は広く実用化した段階で授与されるのが通例で、極めて異例のスピード受賞となった。 

 山中氏は平成18(2006)年、マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することで世界で初めてiPS細胞の作製に成功。19年には同じ手法でヒトの皮膚から作製することにも成功し、世界の第一人者として研究をリードしている。 

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

Scn12100819050009n1

「20121008yamanaka.pdf」をダウンロード

(産経ニュース2012.10.8)

=============================

 やっぱり、日本人はすごい!

 考えてみると日本人の受賞は19人目。

 アジアでは群を抜いている。

 これで再生医療がまた一歩進む。

« 「超」入門~失敗の本質~日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ(鈴木博毅著) | トップページ | 中島みゆき、20年ぶりドラマ出演「こんなはずじゃなかった」 »

学問・資格」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞に山中伸弥教授:

« 「超」入門~失敗の本質~日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ(鈴木博毅著) | トップページ | 中島みゆき、20年ぶりドラマ出演「こんなはずじゃなかった」 »