2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 北海道:鮭飯寿司 | トップページ | 明太子 »

2012年12月23日 (日)

【書評】日本よ、いったい何を怖れているのか(牛島信著)

 

 昨年5月から今年9月まで、2つの法律関係誌に連載した作品を加筆修正してまとめた。国際弁護士で作家でもある著者5冊目のエッセー集。全体を経済、政治、社会、法、人生の5項目に分けて、語っている。

 日本経済の行く末は「わからない」というのが正直な答えだろう。いまが「大変な時代」であることは確かだが、これまでにもそうした時代はずっとあったと指摘する。いまこそ国民の手で選んだ総理大臣をと呼びかけ、日本人は誇りを取り戻せるだろうかと疑問を投げる。とりわけ、震災被害者にとって自分のしていることの意味を問うなど、生きること、働くことを改めて見つめ直す「人生」の項には、深い共感が得られる。

(産経ニュース2012.10.14)

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%88%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BD%95%E3%82%92%E6%80%96%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E7%89%9B%E5%B3%B6-%E4%BF%A1/dp/4344022505

Bks12101407370001n1

« 北海道:鮭飯寿司 | トップページ | 明太子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】日本よ、いったい何を怖れているのか(牛島信著):

« 北海道:鮭飯寿司 | トップページ | 明太子 »