2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年9回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 2011.3.11 »

2013年3月10日 (日)

【WBC】「井端様」窮地を救う大仕事再び

 

 またも、井端が日本を救った。九回2死二塁、まさに絶体絶命の状況で、渾身(こんしん)の一打が遊撃の頭上を越えた。「打つことしか考えていなかった。半分開き直れたのがよかったのかな」。初戦のブラジル戦に続く、殊勲の同点打だった。

 チーム初安打を放ち、盗塁死したもののヘッドスライディングで仲間を鼓舞。五回には意表を突くセーフティーバントも試みた。「とにかく負けられなかった」。ポーカーフェースの“職人”は、誰よりも勝つために何でもやり、結果を出している。 

 山本監督は、井端の肩をもみながら会見場に現れ、つぶやいた。「(井端)様々や」。日本を地獄から天国に引き戻した37歳は、この日の3安打で打率・667。まさに「侍」を牽引(けんいん)している。

(産経ニュース2013.3.8)

Bbl13030900550000n1

=============================

 8回ははじめから山口(巨人)だったな。  

 田中(楽天)はすでに肘が下がっていたよ。 

 監督の采配がいまひとつ。

 本当の勝因は9回2死からの鳥谷(阪神)の盗塁。 

 しかし、井端(中日)はしぶといよ。

« 今年9回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 2011.3.11 »

野球」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【WBC】「井端様」窮地を救う大仕事再び:

« 今年9回目のラウンド(藤岡GC東) | トップページ | 2011.3.11 »