2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 高野山真言宗、公認会計士の監査で検証 資金運用問題 | トップページ | 『リーダーの必須条件「修身」へ』 »

2013年3月19日 (火)

【WBC】つなぎの攻撃、不発…日本代表3連覇への挑戦に幕

 負ければ3連覇の夢がついえる一発勝負の準決勝。試合前の会見で山本監督は「日本は本塁打が出にくいから、つないでいく野球をしたい」と従来通りの“戦法”を強調した。だが、指揮官の青写真とは正反対の展開にベンチにも焦りの色がにじみ出た。

 「内川、阿部の前にどれだけランナーを出せるか。状態のいい選手を1番に持っていきたい」という立浪打撃コーチの構想の下で、この日は1番に鳥谷、2番に井端を起用。激闘となった2次ラウンドの台湾戦で活躍した2人を打線の起爆剤として託した。

 だが、プエルトリコ投手陣の鋭い変化球に、日本の打者が苦戦した。五回に1死一、二塁の好機をつかんだが、稲葉、松田が連続三振。六回の2死三塁の好機では、阿部のバットがスライダーに空を切った。八回に1点を返し、なおも1死一、二塁で迎えた阿部の打席で、一塁走者の内川が飛び出してタッチアウト。

 打者の焦りは投手にも伝染してしまう。先発の前田健が一回に先制点を許すと、七回には2番手の能見がリオスに2ランを浴び、試合の主導権をプエルトリコに奪われた。

 大リーガー不在の中、「日本野球の底力を示す」(阿部)気概を背負い、挑んだ3連覇への夢は、不完全燃焼のまま終焉を迎えた。

(産経ニュース2012.3.18)

==========================

 南米の野球レベル、高い!

Bbl13031814080020p1

« 高野山真言宗、公認会計士の監査で検証 資金運用問題 | トップページ | 『リーダーの必須条件「修身」へ』 »

野球」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【WBC】つなぎの攻撃、不発…日本代表3連覇への挑戦に幕:

« 高野山真言宗、公認会計士の監査で検証 資金運用問題 | トップページ | 『リーダーの必須条件「修身」へ』 »