2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『ブラック企業を見抜くポイント』 | トップページ | 今年12回目のラウンド(藤岡GC東) »

2013年3月30日 (土)

スンマ

 14世紀から15世紀にかけてのルネッサンス期にヴェネツィア商人によって複式簿記が発明されたと考えられている。
イタリア人数学者ルカ・パチョーリ(Luca Pacioli)が1494年に出版した『算術、幾何、比及び比例要覧』(通称『スンマ』、原題:Summa de arithmetica, geometria, proportioni e proportionalità)の中で複式簿記が紹介されており、この本は組織的に行われた複式簿記の存在を記述する最古の文献として知られている。
なお、この本で複式簿記が紹介されたことが、ヨーロッパ中に複式簿記が広まるきっかけとなった。

2013032611190000

 

人類最高のすごい本ですよ!

« 『ブラック企業を見抜くポイント』 | トップページ | 今年12回目のラウンド(藤岡GC東) »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スンマ:

« 『ブラック企業を見抜くポイント』 | トップページ | 今年12回目のラウンド(藤岡GC東) »