2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 飯田橋の桜 | トップページ | 国税庁長官:稲垣関税局長を起用 »

2013年3月27日 (水)

武田薬品に152億円還付 申告漏れは“0円”に

  武田薬品工業(大阪市)が大阪国税局から約1223億円の申告漏れを指摘され、その後約977億円が取り消された問題で、武田薬品は25日、大阪国税不服審判所が残る約246億円についても取り消す採決をしたと発表した。

 大阪国税局が指摘する申告漏れはないとしてきた武田薬品の主張がすべて認められた格好になる。

 同国税局は平成18年、武田薬品が米国の合弁会社との取引を巡り、合弁会社に所得を移したとして申告漏れを指摘。同国税局は昨年4月、武田薬品の異議を認め、一部取り消していたが、武田薬品が同年5月、残る246億円についても同審判所に取り消しを求めていた。今回の採決により、法人税や還付加算金計152億円が還付される見通し。

 武田薬品は「当社の主張の正当性を認められたものと考えている」とコメントした。

(産経新聞2013.3.25)

==========================

 完全敗訴ですな・・・

« 飯田橋の桜 | トップページ | 国税庁長官:稲垣関税局長を起用 »

経営」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田薬品に152億円還付 申告漏れは“0円”に:

« 飯田橋の桜 | トップページ | 国税庁長官:稲垣関税局長を起用 »