2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« リハビリ&トレーニング | トップページ | アメリカは日本経済の復活を知っている(浜田宏一) »

2013年5月 7日 (火)

ハラボー15年ぶりエッセー集発売…“ふとした病”桑田との闘病語る

 サザンオールスターズの原由子(56)がエッセー集「あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~」(朝日新聞出版)を5月21日に発売することが30日、分かった。

 2009年4月から4年間、新聞に連載していたコラムをまとめ、書き下ろしの文章を追加したもの。自身の音楽活動についてのほか、夫・桑田佳祐(57)の“ふとした病(食道がん)”での闘病などもつづられており、夫婦の強い絆をかいま見られる一冊となっている。

 原が著書を発売するのは、自伝的エッセー「娘心にブルースを」以来約15年ぶり。新作「あじわい‐」も当時とおなじ柔らかな文体で書かれているが、内容は激動の4年間を振り返ったものとなっている。

 コラム連載開始当初は、ソロシングル、ベスト盤発売、19年ぶりのソロコンサートなど、音楽家として大忙しだった時期。だが、10年7月末に桑田が食道がんであることを公表し、妻としてサポートに専念するため連載を一時休止。桑田がNHK紅白で復帰した直後の11年1月には「おかげさまで桑田も元気になり、年も明けたという事で、新たな気持ちで再スタートとなりました」とコラムで報告した。

母と義姉の闘病 今年3月の連載最終回では、母と義理の姉の闘病についても告白。看病のために病院に通いながらシングル「夢をアリガトウ」をレコーディングしたといい、「桑田が作ってくれた曲に私自身が励まされた」と夫への感謝もつづった。

 今回新たに書き加えられた「天然由語」という章では、東日本大震災チャリティーのために結成された、仲間とのプロジェクト「チーム・アミューズ」についても記した。著書では人と人との絆や夫への気持ちなど、ハラボーらしい優しい視線と感性で描いており、読む人の心を温かくしそうだ。

(ディリースポーツ2013.5.1)

http://www.youtube.com/watch?v=aF1D42rmsXc

Hara1_sv400

« リハビリ&トレーニング | トップページ | アメリカは日本経済の復活を知っている(浜田宏一) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

サザン・オールスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« リハビリ&トレーニング | トップページ | アメリカは日本経済の復活を知っている(浜田宏一) »