2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 美嘉×みゆき、奇跡のサプライズデュエット実現!"縁会"に史上初のゲスト出演 | トップページ | この世に二人だけ(中島みゆき)1983年/昭和58年 »

2013年5月31日 (金)

国際会計基準「任意適用」を緩和 金融庁審議会が素案

 金融庁は28日、企業会計審議会を開き、国際会計基準(IFRS)導入に向けた報告書の素案を示した。上場企業に対するIFRSの強制適用は当面見送る一方、企業に利用判断を委ねる「任意適用」の対象を緩和することが柱。7月をめどに最終的な報告書をまとめるが、最短で平成27年3月期から行われる予定の強制適用は先送りとなった。

 同審議会では、日本の会計基準を基本にIFRSを一部導入する折衷案が示されたが、複数の委員から「混乱をまねく」などと反対意見があり、結論はまとまらなかった。

 IFRSの任意適用については、内閣府令で上場企業や海外に資本金20億円以上の連結子会社を持つことが条件となっている。同審議会は、適用条件を緩和する方向でほぼ合意。上場を目指す企業にも採用を認めるなど、IFRSの普及を図る。

 IFRSは、会計基準の世界的な統一を目指している国際会計基準審議会が策定。現在は欧州を中心に100カ国程度が自国の基準として採用している。

 日本では、採用企業と採用予定の企業を合わせて20社(22日時点)にとどまっている。

(SankeiBiz2013.5.28)

===========================

 当然と言えば当然ですが、ここにも米国衰退の一端が・・・

 会計にはその国の商慣習や文化も加味されるべきでは・・・

「130528ifrs.pdf」をダウンロード

« 美嘉×みゆき、奇跡のサプライズデュエット実現!"縁会"に史上初のゲスト出演 | トップページ | この世に二人だけ(中島みゆき)1983年/昭和58年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際会計基準「任意適用」を緩和 金融庁審議会が素案:

« 美嘉×みゆき、奇跡のサプライズデュエット実現!"縁会"に史上初のゲスト出演 | トップページ | この世に二人だけ(中島みゆき)1983年/昭和58年 »