2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『高齢者の有効活用』 | トップページ | 小泉今日子、「あまちゃん」で歌うオリジナル挿入歌 クドカン「5分で書いた」 »

2013年5月17日 (金)

『正直な労働』

1.1839年に生まれ、TOTO、日本ガイシ、ノリタケなどの母胎となった森村グループを創業した森村市左衛門は、明治40年、60歳の時に次のような談話を発表している。

2.「人は正直に全心全力を尽くして、一生懸命に働いて、天に貸してさえおけば、天は正直で決して勘定違いはありません。人ばかりを当てにして、人から礼を言われようとか、ほ
められようとか、そんなケチな考えで仕事をしているようでは、決して大きなものにはなれません。労働は神聖なもので、決して無駄になったり骨折り損になどならない。正直な労働は枯れもせず腐りもせず、ちゃんと預ってくれる。どしどし働いて、できるだけ多く天に
預けておく者ほど大きな収穫が得られる」。現代は損得を基準に生きている人が多いが、昔の人は尊徳を基準に生きていたのだ。

(参考:「致知」:2013年4月号)

« 『高齢者の有効活用』 | トップページ | 小泉今日子、「あまちゃん」で歌うオリジナル挿入歌 クドカン「5分で書いた」 »

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『正直な労働』:

« 『高齢者の有効活用』 | トップページ | 小泉今日子、「あまちゃん」で歌うオリジナル挿入歌 クドカン「5分で書いた」 »