2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 夕張メロン | トップページ | 板倉ゴルフ場ランチ »

2013年8月 6日 (火)

瀬戸が金メダル、萩野5位、400メートル個人メドレー

 水泳の世界選手権最終日は4日、バルセロナで行われ、19歳の瀬戸大也(JSS毛呂山)が男子400メートル個人メドレーで初優勝、金メダルを獲得した。個人メドレーで日本人が世界一になるのは初。期待された同学年の萩野公介(東洋大)は5位に敗れ、今大会は銀メダル2つで終えた。

 最後までレースを引っ張ったのは、日本の瀬戸と萩野だった。最後のターンの後もデッドヒートを展開。萩野が力尽きるのとは対照的に、瀬戸は最後まで勢いが衰えなかった。

 「最高のパフォーマンスができた。今大会(萩野)公介が目立っていて悔しかった。落ち着いて前半に入れた。最高のレースができた」

 レース後、声を弾ませた瀬戸。そこにはライバル心があった。予選も流すように終えた萩野に対し、瀬戸は2位で通過。一発逆転を狙っていたのだ。

 出場を逃したロンドン五輪からの悔しさが、この1年間の瀬戸を大きく成長させた。174センチと決して大きくない19歳の新鋭は「自信を持って臨む」と挑んだ決勝で、最高の輝きを放った。3年後の五輪も、堂々のエースとして乗り込む。

(産経ニュース2013.8.5)

Oth13080501330000p2

===========================

 真夜中に興奮したぜ!

« 夕張メロン | トップページ | 板倉ゴルフ場ランチ »

スポーツ」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸が金メダル、萩野5位、400メートル個人メドレー:

« 夕張メロン | トップページ | 板倉ゴルフ場ランチ »